地中熱利用で省エネ効果をGET~これで納得!エコ技術の進化~

発電の種類を知ろう

ガイダンス

バイオガス発電では発酵させてメタンガスを取り出したあとに良質な有機肥料が手に入るので、リサイクルを考えると一石三鳥の効果が期待出来ます。また地中熱利用では夏は冷房用として、冬は暖房用として季節に合わせた利用が可能なのです。

詳しくはコチラ

利用する上でのメリット

土のう袋

地中熱利用はどのようにして行うのかというと、バイオガス発電や太陽光発電とは違って、ミクロ的な使い方をします。つまり、住宅やビルなどそれぞれの施設にシステムを設置し、それぞれで地中熱を利用していくというわけです。こうやって地中熱を利用することにより、夏は外気や室温より低い温度の空気や水を、冬は外気や室温より高い温度の空気や水を、それぞれ大したエネルギー消費もなく手に入るわけです。もちろんこれにより、確実に省エネになります。冷房を使用しなくてもある程度涼しくなり、暖房を使用しなくてもある程度温かくなるので電気消費を抑えられ、地球のためにも、そして財布のためにもなるというわけです。

地中熱利用の方法はいくつかあります。温度調整が容易で、いろいろな使い方ができるのがヒートポンプシステムです。ヒートポンプシステムにもクローズドループとオープンループの二種類があり、クローズドループでは水や不凍液をいったん地中まで持っていってそれから組み上げ直します。オープンループでは、地中の帯水層を利用し、そこから水を汲み上げて、それから使った水を別ルートで帯水層へ戻します。他にもいくつかの方法があり、また、用途も様々です。住宅やビルの冷暖房機能の補助以外では、道路の融雪が代表的な例でしょう。地中熱を利用することで、北海道でも10℃ほどの温度を得られるので、エネルギーをほとんど使わずに雪を溶かせるというわけです。

有名な自然エネルギー

電話

エネルギー源が豊富と言われている太陽光を使ったのが、太陽光発電です。無駄なく電気へと使うことが出来るので、1つの家庭だけでなく全世界で電気を節約することも期待出来ると言われています。

詳しくはコチラ

注目の自然エネルギー

重機の模型

災害に強く、地球温暖化からも救ってくれる地中熱利用システムは、今必要な時です。このシステムがあれば電気代を節約しながら冷房や暖房を使えます。快適な暮らしが待っているでしょう。

詳しくはコチラ

Copyright© 2016 地中熱利用で省エネ効果をGET~これで納得!エコ技術の進化~​​ All Rights Reserved.